野菜の美容効果を知って、食生活から健康美を手に入れよう

美容

野菜の美容効果を知って、食生活から健康美を手に入れよう
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

定番野菜の美容・健康効果

■かぼちゃ

かぼちゃにはガンの原因他、美容・健康の大敵ともいえる
活性酸素の働きを抑えるカロチンが豊富に含まれています。

また、皮膚や粘膜の抵抗力を強くするビタミンAや
風邪の免疫を高めるビタミンCもたっぷり含まれています。
インフルエンザが流行るこの季節には特に風邪予防に効果的!

ホルモンの分泌を活発にするビタミンEや食物繊維も多く、
栄養満点な万能緑黄色野菜です。
いろいろな料理に用いることができ、
スイーツとしてもレシピが多いのが嬉しいですね。

■にんじん

にんじんはかぼちゃと同じようにカロチンが豊富な緑黄色野菜の代表です。
特にニンジンやカボチャに含まれるカロチンは
肺がん予防に効果があると言われるそうです。
タバコを吸う方は積極的に摂取するとガン予防になります。

なお、生のニンジンにはビタミンCを破壊する酵素が含まれるため
できれば温野菜として摂取する方が効果的です。
サラダなどで他の生野菜と一緒に食べるときは
油や酢であえて酵素の働きを抑えるようにしましょう。

■トマト

トマトは野菜ではなく果物という説もありますが
ここでは野菜に入れさせてもらいますね。

トマトに含まれるリコピン(赤い色素)には
カロチン同様に抗酸化作用が高いため、
がん予防やアンチエイジングに効果があります。

また、リコピンには脂肪燃焼作用もあるのでダイエットにも効果的!
利尿作用が高いカリウムも含まれているため、
むくみ防止にも効きますよ。

その他クエン酸やリンゴ酸も含まれており、
胃の粘膜の炎症を抑える効果があるため胸やけやむかつきを軽減させます。
疲労回復や食欲増進の効果もあるそうです。

■ブロッコリー

ビタミンA/C/Eがバランスよく豊富に含まれているため、
肌のキレイを保つために最適な野菜です!

しかし、せっかく美肌効果の高いブロッコリーですが
ゆでたときにビタミンCが損失してしまうのが残念なところです。
ゆですぎに注意して、なるべく小分けにしてさっと短時間でゆでてください。

その他ビタミンKが豊富に含まれているのですが、
ビタミンKは骨粗鬆症や動脈硬化の予防に効果があるそうです。

最近大人気のブロッコリースプラウトにはスルフォラファンという
有効成分が含まれていて、解毒作用が高いとのこと。
デトックスに最適ですね。

■さつまいも

さつまいもはジャガイモと同じでビタミンCが豊富ですが、
特にさつまいものビタミンCは加熱しても壊れにくいのが特徴です。

食物繊維が多く、腸内環境を整えてくれるので便秘がちな方にはおすすめ!
善玉菌が増えることで美肌効果があり、ニキビ予防にもなるそうです。

ビタミンB/Eやカロチンもバランス良く含まれているので
栄養満点の野菜です。
抗酸化作用のあるクロロゲン酸やアントシアニンも含まれています。

1年中出回る野菜ではありませんが、旬の季節に積極的に摂取したいですね。

■ほうれん草

ビタミンやミネラルたっぷりのほうれん草は美肌効果が高い野菜です。

鉄や鉄の吸収を助けるビタミンCが豊富なので、
貧血予防に良いと言われています。
女性は特に鉄分不足の方が多いので、
サプリよりホウレンソウで鉄分補給するのが望ましいですね。

また、ほうれん草の葉緑素には血液を浄化する働きがあり、
ニコチンやアルコールを解毒するため二日酔いにも効くそうです。
根元のピンク色のところにはマンガンが含まれていて、
骨の形成を助け、骨粗鬆症や不妊、肌荒れ予防によいそうです。

その他目の病気を防ぐのに効果的なルテインも豊富に含まれています。

マイナー野菜にも美容・健康効果がいっぱい!

野菜の効果を無駄なく摂取するための注意点

せっかく豊富な栄養素を含んでいるのに
調理法が間違っているために効果が得られないとなると
私たちも野菜自体もかわいそうです。

野菜の栄養が失われてしまう調理法を確認して、
日頃のレシピを見直してみることも大切ですね。

1
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ

5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ